トップページ

    このサイトではパッソの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「パッソの買取相場を調べて高く買い取ってくれる業者に売りたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    トヨタのパッソを高く買い取ってもらうために必要なことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社のみとか近くのトヨタディーラーで下取りということを考えている場合は間違いなく損をするので注意してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらい簡単です。複数の車買取業者からの査定額を比べることができるので、パッソ(PASSO)の買取相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サイト。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい有名なので安心感も抜群です。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!最大で50社にパッソの買取査定依頼が可能です。

    中古車の一括サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話での連絡はありません。
    しかも、全国に対応していて無料。

    「できるだけ高く売りたいからパッソの買取相場をチェックしたいけど、電話営業が苦手…」という場合はメールのやりとりで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っているパッソの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという安心して使える一括サービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、中古車を高額買取してくれる買取業者が見つけられます。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込むと複数の会社から見積りの電話がかかってくるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社からのみ!電話の対応で大変な思いをすることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    パッソの車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで約2000社の買取会社が入札で買取価格を表示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みと同時に中古車の相場が分かるので、「今自分が乗っているパッソの買取相場っていくらなの?」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った提携業者だけが登録していますので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    車買取業者から電話があった時は1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちのパッソであっても高価買取が可能になります。

    最大10業者がパッソの査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたのパッソを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の概算価格が表示される代表的な一括査定サイト。
    提携業者は200社以上あり、最大10社があなたのパッソの査定額を提示します。

    できるだけ多くの会社に査定してもらうことで実際の査定額の差を比較してみることができるので、複数業者に査定依頼をして大切に乗ってきたパッソを少しでも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるように楽天グループが運営している車一括査定サービス。
    トヨタ・パッソの買取一括査定をするだけで楽天ポイント5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントが溜まるので日常的に楽天を使うユーザーであればおすすめのサイトです。

    長年愛用してきたパッソを高く買い取ってもらって、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいところ。
    提携している業者は100社なので他のサービスと比べると少なめですが、最大で10社の会社がパッソの査定してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の場合の価格がいくつか紹介されているので、チェックするだけしてみてはいかがでしょうか。







    中古車買取の業者に実際に出向かなくても、中古車の見積もり可能なWEBサイトはあちこちに見受けられます。

    より詳細な見積価格については現実的に担当者がその車を査定してみないと一口では計算できないでしょうが、その車の見積金額を一度にたくさんの業者から取り寄せることができますから、おおよその今の段階での査定相場を知る上で大変有用ですね。

    もっというと、極端に相場とズレた値段を提示してくる業者を候補から外して、それ以外の業者と取り引きしようと考えることも出来ますね。

    たくさんの中古車査定業者から見積もりしてもらうことを「相見積もり」といいます。

    相見積もりをどんな時にでも可能なようにしたのが、ネットで行う無料中古車一括査定サイトなのです。

    それから、この相見積もりは、一緒に同じ時刻にたくさんの査定スタッフに売却希望車を実際に見積もってもらって、総合的な見積金額を表示してもらうという意味も含まれています。

    中には相見積もりをお願いすると断られるところもあるようですが、多くの店舗で相見積もりが可能なはずですよ。

    修理したことがある車を修理歴車と呼称しますが、一般的には事故車と呼んでいます。

    そしてこの修理歴車は査定額が大幅にマイナスになる要因となってしまいます。

    かといって、査定前に修理したことがある全部の車のことが修理歴車の扱いを受けるというものでもありません。

    ボディーの骨格相当部分に修理が施されていなければ、ドアやボンネットなどを板金塗装してあったりしても修理歴車とは呼ばないのです。

    でも、修理歴車というレッテルは貼られなくても、以前板金などを行って修理したことがある車は査定の際にマイナスされる可能性が高いです。

    業者が提示した買取額で了解し、これから契約書にサインして売買手続きを進めるとなると、所有者は書類を複数用意しなければなりません。

    普通車と軽自動車では印鑑や書類の種類も違うので気をつけてください。

    必ず必要になるのは車検証で、そのほか自動車リサイクル券(預託証明書)、自賠責保険証明書、納税証明書ですが、紛失している場合は再発行してもらってください。

    契約書に押す印鑑は、普通乗用車であれば実印ですから印鑑登録証明書も必須ですが、軽自動車はよくある認印(インク浸潤式以外)であればOKですし、印鑑証明書の提出も不要です。

    中古車を買い取る業者から出来るだけ高額な査定を出してもらうにはある種のコツが不可欠です。

    ただヨロシクお願いしますではいけません。

    金額さえ満足なら即決してもいい位のアピールをしてみせ、その上で誠意ある対応を求めるのです。

    営業マンとしても早く契約を決めて車を引き取る日取りがわかれば、中古車として販売する前の下準備の段取りがはっきりするので、お互いに金額交渉が比較的うまくいくわけです。

    車の走行距離にも目安があり、走行距離数の多い車は査定時にマイナス評価がつく可能性があります。

    基準としては5万km以上を多走行車といい、車の状態はどうあれ減点となります。

    そして総走行距離が10万キロ以上だと過走行車という扱いで、一般の業者は敬遠するためタダ同然の査定額になってしまいます。

    ただ、車が全く売れないということをここで書くつもりはありません。

    そういった車を専門に扱う業者であれば、部分ごとに細かく査定してけしてゼロ円などという結果にはなりません。

    中古自動車売却に関して言えば、手続きに必要となる書類の中に車庫証明は入っていません。

    しかし、新しく自動車を購入した際には、自動車保管場所を指定して、車庫証明書を取得する必要性があるのです。

    車庫証明書については自動車を購入した店舗で代行してくれることがほとんどでしょうが、個人が車庫証明を取得に行ってもOKです。

    少々手間がかかるとはいえ中古車販売店に支払う手数料分が節約可能になるので、自分で行っても良いでしょうね。

    車庫証明の取得に関しては、以前所有していた車をどうしかの説明が必要ですから、必要書類としては売買契約書が挙げられるでしょう。

    もうすでに自動車を売ってしまっているのに、買取業者から瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金を下げられたり、契約解除を告げられることがあります。

    事故歴や故障歴を隠蔽して売却したのならば売却側に非があると言えるのですが、査定時に何か見落としがあったというならば自分が非難される筋合いはないでしょう。

    買取店舗が自分の納得がいかない言い分を押し通そうとする際には、近くの消費生活センターなどに行き、買取業者ともめている旨を話してみると無駄に気をもむ必要がなくなります。

    不動車は全く動かないため買取して貰えないと考える人も多いかも知れませんが、買取りしてもらうのをハナから諦めてしまう必要性はないでしょう。

    不動車でも価格をつけてくれる業者がいる可能性があるのです。

    本体で考えるのではなくて部分で見ればまだ使えるものもあるかも知れませんし、これらに対して価値を見いだして買取してくれる会社はあるのです。

    通常の店舗では不動車買取ができない可能性も高いので、まずはきちんと不動車を扱っているかどうか聞いてから実際に査定してもらって引き取ってもらうとスムーズに行くでしょう。