トップページ

    このサイトではパッソの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「パッソの買取相場を調べて高く買い取ってくれる業者に売りたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    トヨタのパッソを高く買い取ってもらうために必要なことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社のみとか近くのトヨタディーラーで下取りということを考えている場合は間違いなく損をするので注意してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらい簡単です。複数の車買取業者からの査定額を比べることができるので、パッソ(PASSO)の買取相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サイト。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい有名なので安心感も抜群です。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!最大で50社にパッソの買取査定依頼が可能です。

    中古車の一括サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話での連絡はありません。
    しかも、全国に対応していて無料。

    「できるだけ高く売りたいからパッソの買取相場をチェックしたいけど、電話営業が苦手…」という場合はメールのやりとりで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っているパッソの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという安心して使える一括サービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、中古車を高額買取してくれる買取業者が見つけられます。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込むと複数の会社から見積りの電話がかかってくるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社からのみ!電話の対応で大変な思いをすることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    パッソの車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで約2000社の買取会社が入札で買取価格を表示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みと同時に中古車の相場が分かるので、「今自分が乗っているパッソの買取相場っていくらなの?」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った提携業者だけが登録していますので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    車買取業者から電話があった時は1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちのパッソであっても高価買取が可能になります。

    最大10業者がパッソの査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた買取店にあなたのパッソを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の概算価格が表示される代表的な一括査定サイト。
    提携業者は200社以上あり、最大10社があなたのパッソの査定額を提示します。

    できるだけ多くの会社に査定してもらうことで実際の査定額の差を比較してみることができるので、複数業者に査定依頼をして大切に乗ってきたパッソを少しでも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるように楽天グループが運営している車一括査定サービス。
    トヨタ・パッソの買取一括査定をするだけで楽天ポイント5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントが溜まるので日常的に楽天を使うユーザーであればおすすめのサイトです。

    長年愛用してきたパッソを高く買い取ってもらって、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいところ。
    提携している業者は100社なので他のサービスと比べると少なめですが、最大で10社の会社がパッソの査定してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の場合の価格がいくつか紹介されているので、チェックするだけしてみてはいかがでしょうか。







    手持ちの車を売りに出したいと考えたときにお勧めできるのが、無料一括査定サイトを使って査定する事が挙げられるでしょう。

    さまざまな企業の査定金額を比較して検討することができるので、散在しているお店の一つ一つに行かなくても一番高い額で買い取りしてもらえる企業を選び取ることが可能なのは勿論ですが、さらには自分が持っている車の価値が今の時点で一体どのくらいの金額に査定されるのかが瞬時に分かってしまうのです。

    たいていの場合、中古車販売店の大手では、いつも様々なキャンペーンを展開しているといっても良いでしょう。

    景品などの恩恵は中古車売買時にプレゼントされることが可能ですが、キャンペーンの中には無料で中古車査定を実施するだけでプレゼントされる事もあるのです。

    もっと具体的に述べると、インターネット上の特定のページから査定申し込みをするとポイントがたまるなどのケースがあります。

    無料見積もりを行うだけで買取をしなくても特に問題はありませんから、無料査定するだけでプレゼントが貰えるキャンペーンがあったらぜひ査定してみるとお得ですね。

    中古車販売業者のほとんどに当てはまらない事ですが、ごくごく一部には、中には極悪な買取業者もあるのです。

    その手口の一例を挙げると、見積もり査定を依頼する際に、査定した後に直ぐ車を持ちだしてもOKならば価格を上げましょうなどとうまいことを言われて、売却希望の車をなるべく早く引き取りできるように希望されて、その車を受け取ったが最後、料金を支払う気配は見せずに、その会社の連絡先がなくなっているという手口の詐欺も横行しています。

    通常行われる手続きをせずに何となくせわしく車を引き取ってしまおうとする業者に遭遇したら詐欺を疑った方が良いですね。

    専門家である買取業者からすると、個人がいくら隠そうと努力してみてもその車の過去の修理や事故歴といったものは全てお見通しです。

    事実を隠すという行動は信頼関係を破綻させる原因として充分ですし、査定額アップの交渉なんてもってのほかでしょう。

    また本来申告すべき情報を隠す行為は不動産屋が事故物件を偽るのと同様、告知義務違反という扱いになり、もし発覚すれば解約返金も当たり前です。

    それに契約書をよく読んでいくとほぼ100パーセントの確率で申告や隠蔽に関する記載があります。

    車に乗る人にとっては常識かもしれませんが、車の走行距離は一年に1万キロ前後と想定されています。

    走行距離が50000kmを超えたあたりで多走行車という扱いになって査定時にもその程度ごとに減点対象となり、いわゆる過走行車(総走行距離10万km以上)までいってしまうとタダ同然の査定になり、場合によっては引き取りを拒否されることもあります。

    ただ、走行距離が少ないほど良いとは言えません。

    例えば年式のいった車の場合、走行距離があまりにも短いと稼働パーツが劣化していても気づかないケースもあり、リスク回避で低い値付けになる場合があります。

    いつでもどこでもアクセスできるのが中古車一括査定サイトからの見積り依頼です。

    一度入力すればそれだけで何十社もの買取査定額を入手できるので、高値で売却しやすい点が好評です。

    ただ、不便なところもないわけではありません。

    ネットだからと時間を気にせず査定依頼の登録をすると、年中無休や深夜早朝に対応した買取業者から夜だというのに電話がかかってくるなどということもあるそうです。

    営業努力とはいえ迷惑ですので、連絡先の選択は注意するポイントです。

    中古車業者に車を買い取ってもらうためにネットの一括査定サービスなどを利用すると、ぜひ訪問させてくれという電話がたくさんかかってくるでしょう。

    そういう事態はなるべく避けたいというのであれば、同じ査定サイトでもメール連絡のみのところの利用がお勧めです。

    営業マンにもよるのですが、顧客の都合や時間帯も無視した電話をしつこくかけてくる例も実際にあることですし、初めから電話連絡お断りにしておけばメールをチェックするだけでいいので、誰にも迷惑をかけないですし、気分的にも楽になるでしょう。

    自己所有の自動車を手放そうと思ったときの選択肢としては、買取専門店に売ることと、自動車ディーラーのところで下取りに出す場合、個人でオークションに自動車を出品して売る方法もあります。

    個人でオークションに出品する場合には、車の外装や内装の状態写真や説明をできるだけハッキリと分かりやすく掲載することがやっかいなトラブルを避ける上で非常に有効なことです。

    更に、売買契約を交わしてしまう前に一度じっくり車を観察してもらうことも必要になるでしょう。

    その他の大切だと思ったことは書面にしたためてサインや印鑑を押してもらって、二人が持っているようにすれば良いでしょう。

    全く動かなくなった自動車のことを「不動車」と呼びますが、この場合も買取りしてもらうのをハナから諦めてしまう必要性はないでしょう。

    その自動車にもまだまだ価値があるかも知れないのです。

    自動車本体ではなくパーツごとに見るとまだ使えるものもあるかも知れませんし、パーツごとに値段をつけて見積もりをして不動車を買い取ってくれる店舗はちゃんとあるのです。

    ただし、一般的な中古車買取店では実施していない場合も多いので、事前に調べて不動車を査定してくれるお店に実際に査定してもらって引き取ってもらうとスムーズに行くでしょう。